大量のにんじん


グーグルアナリィティクス



グーグルアナリティクスというのはグーグルの無料アクセス解析サービスです。
これって高機能なんですよね。

アクセス数だけじゃなくて、滞在時間や参照元、検索クエリなんかも調べることができます。
さまざまな条件でソートしたりもできます。

なんですけど……いろいろできすぎて活用できないです。
どう使ったらいいのかわからなくなるんですよね。
できることが限定されていれば、使い方もわかりやすいんですけど……。

そのためのサービス・Dot metrix



まあ、使いこなせないほうが悪いという話なんです。
そんなことを考えながら検索していると、こんな記事を見かけました。

無料で簡単!Googleアナリティクスを見やすく使いやすくできる「Dot metrix」 | ワドプラ

グーグルアナリティクスをわかりやすくしてくれるサイトです。
みたところ、かなりわかりやすくなっていますね。

Dot metrix

こちらのサイトです。
グーグルアナリティクスと連携すれば利用できます。
簡単ですね。
専用のコードを埋め込むと、詳しい解析もできるようです。
なんか本末転倒な気もしますが、便利なサイトですね。

バブルチャート



こんな記事も見つけました。
バブルチャートについての記事です。

Googleアナリティクスのすごい使い方!バブルチャートで検索経由の売上を増やそう

バブルチャートってなんなのと思うかもしれませんが、記事を見ると一目瞭然です。
これは見やすいチャートですね。
設定の仕方が少々複雑ですが、説明してくれています。
ショップとかを開設しているわけではないので、使いどころがよくわからないですが、面白いチャートですよね。
アナリティクスもちゃんと設定すればこんなことができるんですね。

正しいアクセス数を知りたい



グーグルアナリティクスを見ていて、気になることもあります。
サイトのデザインなどを変えたときに、実際にどう見えるようになったのか確認しますよね。
このアクセスってどうなっているんでしょうか。

たぶん、自分のアクセスもカウントしちゃってますよね。
アクセスが増えてきたなあと思っていたのは、全部自分が見たぶんかもしれない……。
これは悲しいです……。
もしかしたら、本当にアクセスが増えているのかもしれないのですが。

そこらへんをはっきりさせるためには、きちんと自分のアクセスを除外しなければなりません。
そんなことって、できるのでしょうか?

できます



そういうわけで調べてみました。
こちらの記事に、知りたい情報が載っていました。

初心者でも簡単!Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法

こちらで紹介されている、オプトアウトアドオンを導入してみました。
かなり簡単です。
ボタンをぽちぽち押すだけで、導入できたみたいです。
これで正しいアクセス数がわかりますね。

ほかにも気になる



もうひとつ気になることはあります。
グーグルアドセンスです。
クリックすると報酬が発生するのは知っているんですが、それ以外にも報酬が発生することがあるのです。

Google AdSenseはインプレッション収益(表示回数収益)が発生している | ええかげんブログ(本店)

こちらの記事に書いてあるように、インプレッション収益というものがあるんですね。
自分でブログを確認すると、PVが発生して、そうすると、このインプレッションが発生して……ちょっとまずそうな気がしますよね。
大丈夫なんでしょうか。

大丈夫です



グーグルのヘルプを見ても、その辺のことははっきり書いてありません。

アカウントを適正に運営する

そこで、さきほどのブログを見ていると、こんな記事が載っていました。

Google AdSenseのサイト運営者自身(自己)の確認表示は問題ない | ええかげんブログ(本店)

ということのようです。
常識的な範囲の表示確認なら、グーグルからペナルティーを科されることはないんですね。
あまり気にしなくても良さそうです。

過去に書いた記事を修正する



ブログについて書かれた記事を見ると、過去に書いた記事の修正についての記事もよく見かけます。
書きっぱなしではなくて、しばらくたってから情報を追加したり、書き直したりするといいようです。

それはまあ、そうなのかなと思います。
わりと修正するのは好きなので、このブログでもちょこちょこ過去の記事をいじっています。
はっきりと体感できるほどの効果は感じませんが、PVが少し増えているような気もしますね。

どうやって記事を選ぶの?



でも、普通、全部の記事を修正するわけにはいきません。
なので、記事を選ぶと思うんです。
このときにどんな記事を選べばいいのか迷います。
人気のある記事を修正するのか、読まれていない記事を修正するのか……。
そしてそれをどうやって探すのか……。

明らかに文字数が少ないなという記事は、見た目で探すことができます。
ですが、そうでない場合はなかなか難しいです。

グーグルアナリティクス



こういうとき、グーグルアナリティクスを使うといいというふうに書かれていました。
人気のある記事は、サーチコンソールで確認しています。
読まれていない記事もサーチコンソールで探せます。

でも、アナリティクスのほうが探しやすいんです。
アナリティクスはちょっと使い方がややこしいです。
でも、慣れると便利なんですね。
細かいところのソートもできます。

どうやるの?



行動>行動フロー>サイトコンテンツ>すべてのページと移動します。
このすべてのページで、読まれているページ・読まれていないページを確認できます。

プライマリディメションをページタイトルにすると探しやすいです。
説明だけ聞くと、ちょっと分かりにくいです。
実際やってみると、すぐにできると思います。

ページビューなどでソートするといい感じですね。
だいたい読まれていないのはアーカイブのページなのです。
それはそれでいいのですが、普通の記事で下位にあるものもあります。
そういう記事は、書き直したりしてなんとかしたほうがいいのかな、と思います。

感想



グーグルアナリティクスはいろいろなことができるんですよね。
いろいろできすぎて、なにをすればいいのかよくわかりません。
キャンペーンとかもありますよね。

初心者としてはもう少し機能が絞り込まれていてもいいのでは、と思います。
でも、使いこなせている人には全部必要な機能なんでしょうね。
うまく使えるように学んでいこうと思います。
せっかく利用しているサービスですからね。