きれいな小川


サーチコンソール



グーグルサーチコンソールって使ってますか?
サイトマップなどを送信して、ブログの更新状況をグーグルに伝えるサービスです。
なにもしなくても、そのうちにグーグルのクローラが見つけてくれるのですが、このサービスを使うと早めに見つけてくれるんですね。

ブログをはじめたら、これに登録しておいたほうがいいみたいです。
無料で登録できますよ。
SEO的にも使っていたほうがいいサービスのようです。
というわけで、実際に利用してみているのですが、ちょっと気になることがあります。

グーグルサーチコンソールで表示されやすいエラー



グーグルサーチコンソールを見てみると、エラー表示が出ていることがあります。
これがすごく気になるんです。
修正できるなら修正したいです。
SEO的にも関係があるのかどうかは諸説あるようですが、エラーはないほうがいいと思います。

構造化データもエラーが出やすいんですよね。
確認すると、たいていの人は、エラーがあるんじゃないでしょうか。

ブログを使ったときに表示されやすいエラーってあるのでしょうか?
検索してみたところ、例えば、この三つがエラー表示されやすいようです。

  • タイトルタグの重複
  • authorがありません
  • updatedがありません


実は僕のブログもこのエラー表示が出ていました。
三つともです……。
だからこんな記事を書いたんですね。
どうすればいいのか調べてみようと思います。
ちなみに僕はプログラムやコードのことはまったくわかりません。
初心者です。

タイトルタグの重複の修正



これはライブドアブログに限らずよく見かけるエラーです。
過去のアーカイブページやカテゴリーページ、複数のページが生成される場合に表示されることが多いようです。
ライブドアブログのエラー修正について書いてある記事は、検索してもほとんど見つからないのですが、このエラーについては見つけることができました。

livedoorブログのSEO対策に効果的な6つのカスタマイズ

こちらの記事です。
この対策でタイトルタグの重複についてのエラー表示は出なくなりました。
エラー表示が出ないので問題ないと思うのですが、ブラウザのタイトルバーにページ番号が表示されるようになるのですね。
これについてはもう少し調べてみようと思います。

authorがありませんについての対策



僕のブログはこのエラーも表示されていました。
ですがcssをじっくり見てみると、authorについてはコードに書かれているのですよね。
最近デザインカスタマイズで新しいテンプレートに変更したので、いまのcssにはauthorが書かれているけど、前のテンプレートには書かれていなかったということかもしれません。

microformats author がありません対策

ライブドアブログについての記事ではありませんが、こちらに書かれているようにGoogle+バッジを取得してサイドバーに貼り付けるという対策もあるようです。

これはGoogle+に登録しないといけないようですね。
あまり気が進みません……。
authorがありませんというエラーは一時的なエラーなのかもしれないので、とりあえず様子見をしようと思います。

updated がありませんについての対策



このエラーも表示されていますね。
ライブドアブログに関する記事ではありませんが、エラー修正の記事は見つかりましたよ。

"updated がありません"、"author がありません" 警告 の 修正方法

Googleウェブマスターツール 構造化データでエラーが出る

どうやら特定の箇所にupdated を追加するというのが重要なようです。
特定の箇所というのは記事の投稿時間について書かれている部分です。

個別記事のコードをじっくり見てみると、それらしい部分が見つかりました。
dateやtimeという単語に注意してコードを読んでいくと見つかると思います。
そこにはたしかにupdatedは書かれていませんでした。
ためしにupdatedを追加しておきました。
これで修正できるといいのですが

エラー修正後の確認



エラーを修正しても、サーチコンソールに反映されるまで時間がかかります。
ここで構造化データテストツールというものを使うと、修正がうまくできているかどうか、すぐに確認することができます。

構造化データテストツールは、検索での見え方>構造化データ>ページ下部のリストをクリック>出てきたページ下部のリストをクリックでたどり着くことができます。
グーグルサーチコンソールの一番下のその他のリソースという項目の一番上にもあります。
こちらからテストするときは、テストをしたいページのURLの入力が必要です。

実際に試してみると、三つのエラーは修正できているようです。
すっきりしました。
あとはエラー修正が反映されるのを待つだけですね。
ご自分のブログも確認してみるといいと思います。

その後の状況



サーチコンソールの構造化データのページを確認してみると、エラーはなくなっています。
どうやら修正はうまくいったようです。
放置していても問題のないエラーというものもあるようですが、やっぱり気になりますからね。
すっきりしました。
まだほかにもちょっとしたエラーがあります。

Fetch as Googleを使うと



サーチコンソールのなかに、Fetch as Googleというものがあります。
これはページ単位で、グーグルのクローラに来てくださいとリクエストをするものです。
サイトマップを送信していれば、ブログを更新したときなどに、見に来てくれるはずなのですが、過去の記事のリライトをしたときや急いで呼びたいときなどに使うもののようです。

これを使っているうちに、突然エラーが出るようになったのです。
「一時的にアクセスできません」という表示が出ています。
何回リクエストを送ってもエラーになってしまいます。
これはどういうことなんでしょう?
不安になりますね。
どうすればいいんでしょうか。

エラー対策



ネットで検索すると、このエラーについての記事が見つかりました。
いくつかありますね。

Fetch as Google「一時的にアクセスできません」の解決方法

こちらには、対策は待つのみと書かれています。
時間がたてば、エラーは消えるようです。

Fetch as Googleで「一時的にアクセスできません」と表示されるのですが、解決方法を教えてください

こちらにも待つしかないと書かれていますね。
本当に解決方法は待つしかないのでしょうか。

Fetch as Googleの一時的にアクセスできませんを解決するために英語で情報を探してみた。

こちらでは英語で調べたそうですよ。
結果は待つくらいしかないということです……。

そういうこと



エラーが出ていてすごく気になるのですが、解決方法は時間が経つのを待つくらいしかないようです。
いろいろなブログを探しても、ほかにはっきりとした解決方法は見つからないので、これが結論ですね。
ちなみに、どうしてこのエラーが出たのかわかりません。

ただ、ブログの引越しをして、たくさんリクエストを送っているときに、グーグルから「もしかしてあなたロボットじゃないですか?」と確認されたことがあります。
関係しているのかはわかりませんが、リクエストを送りすぎるとグーグルから怪しまれるみたいです……。
ほどほどにしておきます……。