崖の上の羊

なにからできてるの?



普段普通に食べているのに、原料がわからない食べ物があります。
木の実なのか、野菜なのか……。
想像もつかないんです。
料理をやっているひとからすると、そんなのわかるだろ常識だろ、となるものかもしれません。
でも、わからないんです。
そういうものを調べてみました。

ガムはゴムなのか



ということでガムなんですけど、あれってゴムなんでしょうか。
似てますよね。
名前も、弾力性も。
地面に引っ付いて硬くなったガムとかは、ゴムとほとんど一緒です。

そもそも食べ物なんでしょうか。
味がつけてあるだけで、食べ物とは違うような気もします。
原料は予想もつきません。
石油では……ないですよね。

ガムについて調べる



はい、調べました。
見つかりました、こちらです。

ガムとゴム

なるほど、どちらも樹脂なんですね。
原料になる樹が違うと。
違いはあるけど似たようなものだったようです。

しかも、チョコレートと一緒に食べるとガムって消えるんですね……。
不思議な話です。
そうすると、地面に引っ付いたガムにチョコレートをぶっかければキレイに取れるということでしょうか。
でも地面がチョコレートまみれになりますね……。

マシュマロとは?



これは難しいです。
マシュマロについてです。
マシュマロって、投げて、口でキャッチするだけの存在です。
そういうイメージです。
ほかの場面で活用しているのを見たことはありません。

食べ物は食べ物なんでしょうね。
ただ、うーん、存在価値がよくわからない食べ物です。

wikiなどで調べる



ということで調べました。

マシュマロ - Wikipedia

なるほど。
お菓子の仲間なんですね。
食感の素材だという話のようです。
そういわれると、独特の食感ですね。

原料はメレンゲなどです……?
ようするに、卵白→メレンゲ→マシュマロですね。

ちなみに実験の話



マシュマロ関連でこんな記事も見かけました。

マシュマロ実験 - Wikipedia

子供にマシュマロを食べるのを我慢させる実験です。
我慢できる子供はその後、社会的に評価される傾向にあるということのようです。
へえ、そういうものなんですね。
まあ、自制心がない人は、回りから迷惑がられたりはしますからね。

食べ物なんですか?



食べられる包み紙ってありますよね。
キャラメルとか、飴とかを包んであるやつです。
あれって食べ物……なんでしょうか。
紙……ですけど食べられますし。
原料も予想がつきません。

解決



検索すると、すぐに見つかりましたよ。

よくキャラメルとかのお菓子を包んである食べられる透明な包み紙あるじ... - Yahoo!知恵袋

このページだけで解決ですね。
オブラート、原料はでんぷんですか。
食べ物かどうかは微妙なところですね。
食べられる紙といったところでしょうか。

ハンバーガーパターン



ハンバーガーの包み紙も食べられるようになっていたりするんですね。
そういう記事を見かけました。

包み紙ごと食べるハンバーガー人気 | R25

キャンペーンで一時、そういうものがあったようです。
アメリカだと食べられる包み紙が普通に売ってたりするんですね。
うーん、ハンバーガーは普通に食べればいいと思いますけど……、まあ、食べられるようになっていたら、そのほうがいいですかね。

もともとはなんだったのか



ウィキペディアを見ると、もともとはパンだったようですね。

オブラート - Wikipedia

なんかイメージがわきますね。
ヨーロッパのほうではパンを使いそうです。
そこから発展していって、オブラートになったと。
そうすると、まあ、食べ物でいいんでしょうね。