雑記blogパラダイス

ただの日記です。 特にテーマもなく書いていきます。 スロット、ブログカスタマイズについての記事が多めです。

きれいな小川


サーチコンソール



グーグルサーチコンソールって使ってますか?
サイトマップなどを送信して、ブログの更新状況をグーグルに伝えるサービスです。
なにもしなくても、そのうちにグーグルのクローラが見つけてくれるのですが、このサービスを使うと早めに見つけてくれるんですね。

ブログをはじめたら、これに登録しておいたほうがいいみたいです。
無料で登録できますよ。
SEO的にも使っていたほうがいいサービスのようです。
というわけで、実際に利用してみているのですが、ちょっと気になることがあります。

グーグルサーチコンソールで表示されやすいエラー



グーグルサーチコンソールを見てみると、エラー表示が出ていることがあります。
これがすごく気になるんです。
修正できるなら修正したいです。
SEO的にも関係があるのかどうかは諸説あるようですが、エラーはないほうがいいと思います。

構造化データもエラーが出やすいんですよね。
確認すると、たいていの人は、エラーがあるんじゃないでしょうか。

ブログを使ったときに表示されやすいエラーってあるのでしょうか?
検索してみたところ、例えば、この三つがエラー表示されやすいようです。

  • タイトルタグの重複
  • authorがありません
  • updatedがありません


実は僕のブログもこのエラー表示が出ていました。
三つともです……。
だからこんな記事を書いたんですね。
どうすればいいのか調べてみようと思います。
ちなみに僕はプログラムやコードのことはまったくわかりません。
初心者です。

タイトルタグの重複の修正



これはライブドアブログに限らずよく見かけるエラーです。
過去のアーカイブページやカテゴリーページ、複数のページが生成される場合に表示されることが多いようです。
ライブドアブログのエラー修正について書いてある記事は、検索してもほとんど見つからないのですが、このエラーについては見つけることができました。

livedoorブログのSEO対策に効果的な6つのカスタマイズ

こちらの記事です。
この対策でタイトルタグの重複についてのエラー表示は出なくなりました。
エラー表示が出ないので問題ないと思うのですが、ブラウザのタイトルバーにページ番号が表示されるようになるのですね。
これについてはもう少し調べてみようと思います。

authorがありませんについての対策



僕のブログはこのエラーも表示されていました。
ですがcssをじっくり見てみると、authorについてはコードに書かれているのですよね。
最近デザインカスタマイズで新しいテンプレートに変更したので、いまのcssにはauthorが書かれているけど、前のテンプレートには書かれていなかったということかもしれません。

microformats author がありません対策

ライブドアブログについての記事ではありませんが、こちらに書かれているようにGoogle+バッジを取得してサイドバーに貼り付けるという対策もあるようです。

これはGoogle+に登録しないといけないようですね。
あまり気が進みません……。
authorがありませんというエラーは一時的なエラーなのかもしれないので、とりあえず様子見をしようと思います。

updated がありませんについての対策



このエラーも表示されていますね。
ライブドアブログに関する記事ではありませんが、エラー修正の記事は見つかりましたよ。

"updated がありません"、"author がありません" 警告 の 修正方法

Googleウェブマスターツール 構造化データでエラーが出る

どうやら特定の箇所にupdated を追加するというのが重要なようです。
特定の箇所というのは記事の投稿時間について書かれている部分です。

個別記事のコードをじっくり見てみると、それらしい部分が見つかりました。
dateやtimeという単語に注意してコードを読んでいくと見つかると思います。
そこにはたしかにupdatedは書かれていませんでした。
ためしにupdatedを追加しておきました。
これで修正できるといいのですが

エラー修正後の確認



エラーを修正しても、サーチコンソールに反映されるまで時間がかかります。
ここで構造化データテストツールというものを使うと、修正がうまくできているかどうか、すぐに確認することができます。

構造化データテストツールは、検索での見え方>構造化データ>ページ下部のリストをクリック>出てきたページ下部のリストをクリックでたどり着くことができます。
グーグルサーチコンソールの一番下のその他のリソースという項目の一番上にもあります。
こちらからテストするときは、テストをしたいページのURLの入力が必要です。

実際に試してみると、三つのエラーは修正できているようです。
すっきりしました。
あとはエラー修正が反映されるのを待つだけですね。
ご自分のブログも確認してみるといいと思います。

その後の状況



サーチコンソールの構造化データのページを確認してみると、エラーはなくなっています。
どうやら修正はうまくいったようです。
放置していても問題のないエラーというものもあるようですが、やっぱり気になりますからね。
すっきりしました。
まだほかにもちょっとしたエラーがあります。

Fetch as Googleを使うと



サーチコンソールのなかに、Fetch as Googleというものがあります。
これはページ単位で、グーグルのクローラに来てくださいとリクエストをするものです。
サイトマップを送信していれば、ブログを更新したときなどに、見に来てくれるはずなのですが、過去の記事のリライトをしたときや急いで呼びたいときなどに使うもののようです。

これを使っているうちに、突然エラーが出るようになったのです。
「一時的にアクセスできません」という表示が出ています。
何回リクエストを送ってもエラーになってしまいます。
これはどういうことなんでしょう?
不安になりますね。
どうすればいいんでしょうか。

エラー対策



ネットで検索すると、このエラーについての記事が見つかりました。
いくつかありますね。

Fetch as Google「一時的にアクセスできません」の解決方法

こちらには、対策は待つのみと書かれています。
時間がたてば、エラーは消えるようです。

Fetch as Googleで「一時的にアクセスできません」と表示されるのですが、解決方法を教えてください

こちらにも待つしかないと書かれていますね。
本当に解決方法は待つしかないのでしょうか。

Fetch as Googleの一時的にアクセスできませんを解決するために英語で情報を探してみた。

こちらでは英語で調べたそうですよ。
結果は待つくらいしかないということです……。

そういうこと



エラーが出ていてすごく気になるのですが、解決方法は時間が経つのを待つくらいしかないようです。
いろいろなブログを探しても、ほかにはっきりとした解決方法は見つからないので、これが結論ですね。
ちなみに、どうしてこのエラーが出たのかわかりません。

ただ、ブログの引越しをして、たくさんリクエストを送っているときに、グーグルから「もしかしてあなたロボットじゃないですか?」と確認されたことがあります。
関係しているのかはわかりませんが、リクエストを送りすぎるとグーグルから怪しまれるみたいです……。
ほどほどにしておきます……。

ライブドアブログのカスタマイズ



コーヒーと軽食


久しぶりにライブドアブログを触ってブログのカスタマイズをしています。
検索してもライブドアブログに関するカスタマイズ情報はあまり見つかりませんね。
自分が有用だと感じた情報をまとめておきます。
基本的な内容ですが、これからライブドアブログを始める方には役に立つのではないかと思います。



目次の作り方

まずこれが目に入ったと思います。
目次です。
この目次の作り方については、こちらの記事がわかりやすいです。

ライブドアブログで美しい「目次」を作りたい

ひとつひとつタグを入力して作ります。
面倒くさいですが、記事が長くなったときは作ったほうが読みやすいですね。
自動で目次を作る方法も、探せばあるのでしょうか。

ライブドア公式ブログのチェックリスト



ライブドア公式ブログにはこんな記事があります。

ブログを開設したら最初にやっておくべき5つの設定

読んでみると基本的なことですが、意外と忘れていたりしますね。
僕はスマホデザインの変更を忘れていました。
一度確認しておくといいと思います。

関連記事リスト



記事の下には関連記事を自動で表示させることができます。
公式の記事を参考にしみてください。

関連記事(同一カテゴリの最新記事リストを載せる)

これはブログ設定>基本設定から導入できますね。
さほど邪魔にはなりませんし、導入に複雑な操作は必要ないので使ってみるといいと思います。

カテゴリの階層化



これもできるようになっていたんですね。

カテゴリの親子関係を作る

記事数が増えてくるとカテゴリの管理が大変になってきます。
親子関係を作ると、親カテゴリのなかで、さらに子カテゴリを作り、記事を振り分けることができます。
ブログの読者も目的の記事が探しやすくなりますし、利用したほうがいい機能ですね。
こちらもリンクの記事を参考に簡単に導入できます。

文字の大きさの変更



これはやらなくてもいいかもしれませんが、僕はすこし大きめの表示が好きなので変更しておきました。
こちらを参考にするといいと思います。

記事本文の文字色やフォントサイズを変更する

カラーコードはこちらが参考になります。

WEB色見本 原色大辞典 - HTMLカラーコード

グーグルサーチコンソールへのサイトマップ登録



グーグルサーチコンソールに登録するとブログのサイトマップを送信することができます。
これをやっておくと、グーグルの検索エンジンがサイトを把握しやすくなり、SEO効果もあるそうです。

いきなりそう言われてもライブドアブログのサイトマップがわからないかたも多いと思います。
僕もすぐにはわからなくて苦戦しました。
いったいどのURLを送信すればいいのでしょうか。
見つけることができたのは三つです。
ライブドアブログでサイトマップとして送信できるのは、

  • index.rdf
  • sitemap.xml
  • sitemap.xml?page=1

でした。
複数送信する必要はないかもしれませんが、サイトマップは定期的に保留状態になってしまうので、僕は念のために複数送信しています。

画像の回り込み解除



これは「回り込みをしない」というレイアウトが標準になっているようなので、気にしなくてもいいかもしれません。
気になる方は確認してみてください。
ブログ設定>投稿設定の項目から確認することができます。

画像を貼り付けるレイアウトが設定できるようになりました

ちなみに、レイアウト変更がうまくいかないときは、画像のコードを書き換えましょう。
HTMLタグ編集で本文を確認して、画像のコードのなかからalign="left"という記述を見つけて(画像のコードの最後のほうにあります)これを削除すれば、画像の回り込みを防ぐことができます。

メニューバーを導入する



これは非常にいい機能だと思います。

メニューバー機能を利用する

メニューバーはブログタイトルの下に表示される帯状のパーツのことです。
グローバルナビゲーションとも言うようですね。
ここにリンクなどを設定することができます。

ブログ内のリンクだけではなく、ツイッターやフェイスブックへのリンクも設定できるようです。
これは単純に見た目がいいですし、ブログ内の回遊率が上がる(ページビューの増加につながる)と言われています。

自分で設定するのは大変なので、メニューバー対応デザインを導入しておいたほうがいいと思います。
対応デザインなら、ブログ設定>デザイン設定の項目から簡単に設定することができます。

パンくずリストを導入する


パンくずリストは記事の上部にある

トップ>カテゴリA>記事タイトル

というような表示のことです。

パンくずリスト例


これはこちらの記事がわかりやすいと思います。

記事の最上部に「パンくずリスト」を追加する:ライブドアブログ

このパンくずリストはカテゴリ二つに対応していますね。
設置場所もわかりやすく教えてくれています。

パンくずリストもSEO効果があるといわれているパーツです。
読者からすれば関連記事を探しやすくなりますし、導入したほうがいい機能です。

リンクの色の変更


これは選んだデザインによって変わるかもしれません。
僕のデザインだと赤で目立ちすぎていたので変更しました。
こちらを参考にするといいと思います。

livedoorブログのSEO対策に効果的な6つのカスタマイズ
やはり青のほうがしっくり来る気がします。

見出しのカスタマイズ



デザインを変更すると見出しも変わるようですが、自分の選んだものにしたいときはカスタマイズすることができます。
これもこちらの記事を参考に。

livedoorブログのSEO対策に効果的な6つのカスタマイズ

実際に使う見出しは、僕はこちらのサイトのサンプルを参考にしました。

見出しのデザインをCSSのみでカスタマイズする(一部CSS3対応)

シンプルなものでないとうまく表示できないこともあるようです。

カテゴリー一覧を表示する



カテゴリーのページにカテゴリー内の記事の一覧を表示することができます。

カテゴリー一覧例


こちらの記事を参考に。

livedoor Blogの設定・カスタマイズまとめ[2014年版]

なにげに便利です。
これは見栄えもいいですね。

ちなみにこういうカスタマイズもあります。

アーカイブページで本文を省略してタイトルだけにする

好みの方法で使い分けてみるといいと思います。

夕焼け


またSEOについて調べる



SEOについて、検索しています。
こういうの調べるの好きなんですよね。

経営ゲームとかを遊ぶのが好きなんです。
ブログのアクセス数を増やしていくのって、ちょっと経営ゲームに似ていますよね。
数字が増えるのを見るのは面白いです。
ゲームでは効率的なプレイ方法を把握しつつ、趣味プレイをすることが多いです。
そこらへんも同じですね。

もちろん検索したことを実行しないこともあります。
というか、そのほうが多いです。
まあ、知らないよりは知っておいたほうがいいんじゃないかと思っています。
ということで、検索したことをこちらに書いていこうと思います。

質のいい記事を書こう



ブログを書いているといろいろな記事がたまっていきます。
基本的には質のいい、検索上位に表示されるような記事を書いていくといいらしいです。

まあ、それはそうなんですが、とにかく記事が多ければいいというものでもないと、そういう感じのようです。
SEOのサイトを検索していくと、結局書いてあることは当たり前のことなんですね。
ただそれを実行するのが難しいんです。
質のいい記事を毎日書ければ苦労はしないです。

とりあえずいままで書いた中で、質の悪い記事を探してみましょうか。
……どうやって探すんでしょう。

質の悪い記事の探し方



こちらの記事がわかりやすいですね。
質の悪い記事の探し方が書いてあります。

SEO対策で質の悪いページ・記事を見分ける4つの方法と3つの対処法!

なるほど、こういうときにアナリティクスを使うんですね。
「site:」もこういう使い方ができるとは知りませんでした。

記事の修正の仕方は難しいですね。
文字数を増やすというのもひとつの手でしょうし。
どんどん記事を消してしまうのももったいないですよね。

過去記事の確認方法



こちらも読まれていない過去記事の検索方法ですね。

運営期間が1年以上経過しているウェブサイトのSEO対策確認事項

検索の仕方は似たような感じですね。
グーグルアナリティクスを使うようです。
地道にこういうことをしたほうがいいんですね。
ただ修正しても結果が出るまでには時間がかかると。
だから数ヶ月ごとにやってみるという感じのようです。

こういう記事を見てから、ちょこちょこ修正をしてみているんです。
まあ、すぐには結果は出ないですね。
日ごとの変動も大きいですし、修正の影響はわからないです。
閲覧開始が0だったのが、後で確認したときに数字がついていると、意味があったのかなあという気もしますが。

文字数は多いほうがいい



こういう記事もありました。

コンテンツ数と文字数は多い方がSEOに効果的!明確な理由を解説

なるほど、たしかに思いがけないクエリで検索されてることもありますし、文字数が多いほうが地味に有利なんでしょうね。
なんか固有名詞をたくさん入れたほうが地味に有利とか、類似したいろんな種類の語句を入れていたほうが有利とかも聞いたことがあります。
それ全部やるのは大変すぎますけどね……。

記事の下のほうにある図はサイト全体のイメージをしやすいですね。
こういう考え方で作っていくんですね。

PVを増やすための心構え



こちらの記事ではPVを増やすための心構えが書かれています。

記事PV(ページビュー)が増えない4つの原因とPVを増やす考え方

うーん、そうなんですよね。
当たり前のことのようですが、納得できる記事です。
ひとつ一つの記事にこだわり過ぎてもよくないというのは、僕も感じるところです。
手を抜いてもいいというわけではないのですが。
まとまって、コンテンツができあがるというか、そんな感じがします。
だから記事を消してしまうのは、ためらうんですよね。

記事を消してしまうと……



そうは言っても、どうにもならない記事は消したりしているんです。
いくつかの記事をひとつにまとめたりもします。
まとめることのほうが多いですね。
そうすると、困ったことも起きるんです。
サーチコンソールに、大量のエラーが出るんです。
これってすごく気になりますよね。

クロールエラーがでてしまう



エラーというのは、クロールエラーのことです。
クロールしたけど見つからないよ、というのを表示してくれます。
記事を削除すると、このエラーがどんどん増えていくんですね。
これは気になるし、不安になります。
いちおう、サーチコンソールには「URLの削除」という項目があります。
インデックスから、URLを削除してもらえるように、申請できるんですね。
これをときどき利用していました。
でも検索してみると、ほかの対処法があるようです。

対処法についての記事



探してみると、クロールエラーについての記事はたくさんあります。
きっとみなさん気になることなんでしょうね。

Googleウェブマスターツールでクロールエラーが出たからってURLの削除をするのは間違ってますよ!

これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説

必ず理解しておきたい404エラーに関する7つの対処方法 | 海外SEO情報ブログ

削除済みのURLがウェブマスターツールのクロールエラーから消えない時のベストプラクティス | 海外SEO情報ブログ

ひととおり読んでみました。
わりと似たようなことが書いてありますね。
まとめると、なにもしなくていいみたいです。

対処法まとめ



「URLの削除」の必要はありません
クロールエラーが出ていても、ペナルティーがかされるということもないようです。

エラーの表示が気になる人は、「修正済みとする」をチェックして、エラーを削除したらいいよ、とのことです。
でもそれをやっても見た目の表示が消えるだけみたいです。

削除した記事についての404エラーは放っておけば、削除されたんだということがグーグルに伝わるみたいです。
とにかく気にすることはないみたいですね。

まれに本当に問題があってエラーが出るみたいです。
クロールエラーは重要度の順で並んでいるので、一番上を確認して、なんてことのないエラーだったら、そのほかのエラーもなんてことのないエラーです。
それを確認してから全部修正済みにしちゃうのが手っ取り早いです。
スッキリしましたね。

↑このページのトップヘ