雑記blogパラダイス

ただの日記です。 特にテーマもなく書いていきます。 スロット、ブログカスタマイズについての記事が多めです。

地平線から昇る朝日


関連コンテンツユニット



こんなブログ記事をみかけました。
アドセンスの広告ユニットについての記事です。

アドセンスで新しく出た広告ユニット「関連コンテンツユニット」の設定方法

ほー、こういうユニットもあるんですね。
関連記事のようにして、広告が表示されるらしいです。
あんまり見かけないですよね……?

詳しく記事を読んでみると、これを利用するにはそこそこアクセスがないとダメっぽいですね。
実際僕でも使えるかなーとアドセンスのホームを確認してみたら、使えませんでした。
ふむむ。

デザインがよさげですけどね。
使えないなら仕方ないですね。
ベータ版ということなので、そのうち使えるようになるんでしょう。

アマゾンの広告



アマゾンの広告ユニットについての記事も見かけました。
こちらです。

Amazonアフィリエイト収益増加に「Mobile Popover」が効果的!

へー、これはたまに見かける気がしますね。
うーん、まあ、あるとわかりやすいんでしょうか。
うっとおしいような気もします……。

そもそもアマゾンの広告って、ほとんど貼っていないんですよね。
いちいち貼るのが面倒くさくて……。
自動で表示するやつは重いんですよね。
これが改善されるといいんですけど。

感想



意外と知らないユニットとかもあるんですね。
アマゾンのほうは、いろいろウィジェットがあるみたいですが、あまり把握していません……。
しっかり確認してみます……。

せっかく登録しているので、使えそうなものがあったら使ってみようと思います。
貼るところがもうなさそうですけどね……。

グーグルアドセンスを利用するときに注意しなければならないこと



ほかのブログで、グーグルアドセンスの広告を掲載しています。
これがけっこうルールが厳しくて、違反すると広告の配信が停止してしまったりするらしいです。

ときどき、アカウントが停止されたというブログ記事を見かけます。
うっかり違反してしまわないように、気をつけなければなりませんね。
ちょっとどんなルールがあるのか確認してみましょう。

違反事項の一覧



確認するといっても、あいまいな部分やわかりにくい部分があるんですよね。
まとめて解説してある記事を見つけました。

Google AdSenseの違反事項を全部一覧にしました

これはわかりやすいですね。
読んでみると意外なものもありますよ。

基本的には誰が読んでも大丈夫なサイトを目指すといいようです。
年齢に関係無く読めるようにするのが大事なんですね。
法に触れるような話題は、もちろんだめですね。

広告配置のきまり



広告を配置するときの位置などにもきまりがあります。
こちらの記事を参考にしてチェックしました。

アドセンス規約に違反する広告配置の例とその対策

まあ、ズルをしようとしなければだいたい大丈夫なようですね。
グーグルのヘルプページにもルールをまとめたものが載っています。

広告の配置に関するポリシー

このブログは問題ないようです。
クリックを誘導するような文面、メニューの展開によって広告にかぶるようなサイトデザインなどがうっかりやってしまいそうなところですね。
注意します。

スマホ広告



ところで、スマホ版のブログにも広告を載せることができるんですよね。
ライブドアブログでは運営による広告がすでに2つ貼ってあるのですが、自分で広告を貼ることもできます。

ここで気になるのが広告の数です。
アドセンスの広告はひとつのブログに3つまでというきまりがあるのです。
しかし、このきまりはアドセンスの広告に対してだけ適応されるようです。

どういうことかというと、ライブドア運営による広告はアドセンスの広告ではないので、アドセンスをあと3つ貼ることができるということです。

これは確認するまでわかりませんでした。
とはいえ、スマホ版だと画面が小さいので、そんなに広告を貼るとみにくくなってしまいますよね。
悩みどころです。
ちょうどいい配置を考えていこうと思います。

AMAZONのアフィリエイトIDについて



ブログをやっていると、アマゾンのアフィリエイトを使うことがありますよね。
手軽に写真を乗せることができて便利です。
しかも、意外とクリックされるんですよね。

ほかのブログではアマゾンアフィリエイトを使っています。
こちらのブログではどうしようかと思っていたんです。
というのは、IDをたどっていって、「このブログを書いてるのはこの人だ!」というのがわかるのかどうかが気になるんです。

別に法に触れるようなブログを書いているわけではないのです。
でも、いろいろ紐付けされるとこちらの生活のことが全部わかってしまうような気がして……。
考えすぎなんでしょうけどね……。
ちょっと気になりませんか?

AMAZONのアフィリエイトを使うときの注意点



実際に、アマゾンのIDから運営サイトをたどっていけるのか検索して調べてみました。
そしたらこんな記事を見つけましたよ。

amazonアフィリをやってる人は注意!あなたはしっかりと○○やってますか!?

へえ、そうなんですね。
複数のブログでアマゾンアフィリエイトを使うときは、それぞれのブログで審査を受けなければならないらしいです。
いわれてみるとそれもそうですよね……。

審査自体はメールですますことができるようです。
簡単に審査してもらえるらしいので、そのうちにやっておこうと思います。

トラッキングIDとアソシエイトID



アマゾンのIDについて、もう少し詳しく知りたいですね。
最初の疑問は解決していないですし。
その、IDについての記事も見つけましたよ。

Amazonアソシエイトやるなら「トラッキングID」は絶対に複数用意しような!絶対だぞ! - 中川龍のヒマつぶし

トラッキングIDというのを使って、クリック数などの集計を分けることができるようです。
これはこれでなかなか役に立ちそうな使い方です。

トラッキングIDとアソシエイトID



そもそもトラッキングIDとか、アソシエイトIDとかがなんなのかわかりません。
解説を探してみましょう。
はい、こちらの記事に書いてありますね。

AmazonのトラッキングIDとは?

ようするに、アソシエイトIDは登録時に登録したIDで、トラッキングIDはあとからもらえるIDだということです。
あとからもらえるぶんで、集計を使い分けるんですね。
ここまではわかりました。
でも、まだ気になることが残っていますよ。

ついに見つける



探しているうちに、ようやく見つけましたよ。
こちらの記事で疑問は解決です。

Amazon アソシエイトではトラッキングIDからアソシエイトIDは特定できない

タイトルどおりです。
特定できないんですね。
これで紐付けされることもありません。

安心してアマゾンのリンクを貼ることができますね。
そのうちにアマゾンのリンクも使ってみようと思います。

大量のにんじん


グーグルアナリィティクス



グーグルアナリティクスというのはグーグルの無料アクセス解析サービスです。
これって高機能なんですよね。

アクセス数だけじゃなくて、滞在時間や参照元、検索クエリなんかも調べることができます。
さまざまな条件でソートしたりもできます。

なんですけど……いろいろできすぎて活用できないです。
どう使ったらいいのかわからなくなるんですよね。
できることが限定されていれば、使い方もわかりやすいんですけど……。

そのためのサービス・Dot metrix



まあ、使いこなせないほうが悪いという話なんです。
そんなことを考えながら検索していると、こんな記事を見かけました。

無料で簡単!Googleアナリティクスを見やすく使いやすくできる「Dot metrix」 | ワドプラ

グーグルアナリティクスをわかりやすくしてくれるサイトです。
みたところ、かなりわかりやすくなっていますね。

Dot metrix

こちらのサイトです。
グーグルアナリティクスと連携すれば利用できます。
簡単ですね。
専用のコードを埋め込むと、詳しい解析もできるようです。
なんか本末転倒な気もしますが、便利なサイトですね。

バブルチャート



こんな記事も見つけました。
バブルチャートについての記事です。

Googleアナリティクスのすごい使い方!バブルチャートで検索経由の売上を増やそう

バブルチャートってなんなのと思うかもしれませんが、記事を見ると一目瞭然です。
これは見やすいチャートですね。
設定の仕方が少々複雑ですが、説明してくれています。
ショップとかを開設しているわけではないので、使いどころがよくわからないですが、面白いチャートですよね。
アナリティクスもちゃんと設定すればこんなことができるんですね。

正しいアクセス数を知りたい



グーグルアナリティクスを見ていて、気になることもあります。
サイトのデザインなどを変えたときに、実際にどう見えるようになったのか確認しますよね。
このアクセスってどうなっているんでしょうか。

たぶん、自分のアクセスもカウントしちゃってますよね。
アクセスが増えてきたなあと思っていたのは、全部自分が見たぶんかもしれない……。
これは悲しいです……。
もしかしたら、本当にアクセスが増えているのかもしれないのですが。

そこらへんをはっきりさせるためには、きちんと自分のアクセスを除外しなければなりません。
そんなことって、できるのでしょうか?

できます



そういうわけで調べてみました。
こちらの記事に、知りたい情報が載っていました。

初心者でも簡単!Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法

こちらで紹介されている、オプトアウトアドオンを導入してみました。
かなり簡単です。
ボタンをぽちぽち押すだけで、導入できたみたいです。
これで正しいアクセス数がわかりますね。

ほかにも気になる



もうひとつ気になることはあります。
グーグルアドセンスです。
クリックすると報酬が発生するのは知っているんですが、それ以外にも報酬が発生することがあるのです。

Google AdSenseはインプレッション収益(表示回数収益)が発生している | ええかげんブログ(本店)

こちらの記事に書いてあるように、インプレッション収益というものがあるんですね。
自分でブログを確認すると、PVが発生して、そうすると、このインプレッションが発生して……ちょっとまずそうな気がしますよね。
大丈夫なんでしょうか。

大丈夫です



グーグルのヘルプを見ても、その辺のことははっきり書いてありません。

アカウントを適正に運営する

そこで、さきほどのブログを見ていると、こんな記事が載っていました。

Google AdSenseのサイト運営者自身(自己)の確認表示は問題ない | ええかげんブログ(本店)

ということのようです。
常識的な範囲の表示確認なら、グーグルからペナルティーを科されることはないんですね。
あまり気にしなくても良さそうです。

過去に書いた記事を修正する



ブログについて書かれた記事を見ると、過去に書いた記事の修正についての記事もよく見かけます。
書きっぱなしではなくて、しばらくたってから情報を追加したり、書き直したりするといいようです。

それはまあ、そうなのかなと思います。
わりと修正するのは好きなので、このブログでもちょこちょこ過去の記事をいじっています。
はっきりと体感できるほどの効果は感じませんが、PVが少し増えているような気もしますね。

どうやって記事を選ぶの?



でも、普通、全部の記事を修正するわけにはいきません。
なので、記事を選ぶと思うんです。
このときにどんな記事を選べばいいのか迷います。
人気のある記事を修正するのか、読まれていない記事を修正するのか……。
そしてそれをどうやって探すのか……。

明らかに文字数が少ないなという記事は、見た目で探すことができます。
ですが、そうでない場合はなかなか難しいです。

グーグルアナリティクス



こういうとき、グーグルアナリティクスを使うといいというふうに書かれていました。
人気のある記事は、サーチコンソールで確認しています。
読まれていない記事もサーチコンソールで探せます。

でも、アナリティクスのほうが探しやすいんです。
アナリティクスはちょっと使い方がややこしいです。
でも、慣れると便利なんですね。
細かいところのソートもできます。

どうやるの?



行動>行動フロー>サイトコンテンツ>すべてのページと移動します。
このすべてのページで、読まれているページ・読まれていないページを確認できます。

プライマリディメションをページタイトルにすると探しやすいです。
説明だけ聞くと、ちょっと分かりにくいです。
実際やってみると、すぐにできると思います。

ページビューなどでソートするといい感じですね。
だいたい読まれていないのはアーカイブのページなのです。
それはそれでいいのですが、普通の記事で下位にあるものもあります。
そういう記事は、書き直したりしてなんとかしたほうがいいのかな、と思います。

感想



グーグルアナリティクスはいろいろなことができるんですよね。
いろいろできすぎて、なにをすればいいのかよくわかりません。
キャンペーンとかもありますよね。

初心者としてはもう少し機能が絞り込まれていてもいいのでは、と思います。
でも、使いこなせている人には全部必要な機能なんでしょうね。
うまく使えるように学んでいこうと思います。
せっかく利用しているサービスですからね。

きれいな鳥


ブログに載せる画像が欲しい



ブログを書いていると、画像が欲しいときがあります。
記事のなかに画像があると見た目がいいですからね。
アイキャッチというやつですね。

自分で記事に関連するものを作るのが一番いいんだろうと思います。
ですが、いまのところはフリーの画像サイトの画像を利用させてもらっています。
使ってばかりでもあれなので、紹介してみようと思います。
それぞれのサイトの細かい規約は、ご自分で確認してみてください。

写真を無料で利用できるサイト



フリーの写真素材サイトはわりといろいろあります。
そのなかでも画像の数が多くて、会員登録不要のサイトを紹介します。
どちらもかなり有名なサイトです。

足成



写真素材 足成

日本語で利用できる写真素材サイトです。
このブログで使っている画像も、ほとんどがこちらのサイトからダウンロードしたものです。
写真のジャンルも細かく分かれていて、目的のものも探しやすいですね。

こちらのサイトにはいろいろな特集コーナーもあります。

Shuffle【写真素材 足成:特集】

人物画像を使うと肖像権の問題などがあって、ややこしいイメージがあったのですが、ある程度の範囲で利用できるように、サイトのほうで事前に許可をもらっている写真もあるそうです。
こちらのほうに詳しく説明されているので、人物画像を使いたい方は、確認してみるといいんじゃないかと思います。

写真素材 足成: 【利用ガイド】人物写真のご利用について

Pixaday



Pixaday

こちらは海外のサイトですね。
日本語にも対応していますので、なにを書いてあるかはわかると思います。
ここは写真の数が本当に多いんですよね。
ダウンロードするときにサイズをある程度指定することができます。

イラスト素材を無料で利用できるサイト



フリーのイラスト素材サイトはあまり見かけないですね。
探し方が足りないのかもしれません。
いまのところ利用させていただいているのはこちらです。

IMT



無料イラストのIMT

こちらは日本のサイトですね。
けっこうな数のイラストがあります。

こちらのサイトを利用するには、会員登録が必要です。
メールアドレスがあれば登録することができます。

そして、イラストを利用するには、ダウンロードしてから解凍ファイルで解凍しなければなりません。
ちょっと手間がかかりますが、かわいいイラストが多いです。
いい感じだと思います。

いらすとん



ゆるかわいい無料イラスト素材集 | いらすとん

こちらは会員登録不要です。
ゆるかわですね。
手書き風のイラストがたくさんあります。

Line illustration labo



商用フリーの線画イラスト素材集 Line illustration labo

こちらも会員登録不要ですね。
シンプルでカッコイイイラストが配布されています。
ほかのサイトでは見かけない雰囲気のイラストですね。

Flode illustration



花、植物イラスト Flode illustration (フロデイラスト)

こちらはシンプルな花や植物のイラストサイトです。
画像を右クリックするとウィンドウが出て、ダウンロード形式を選ぶことができます。
サイトのデザインもカッコイイですね。
関連サイトもイラストを配布しているようです。
うえのバーから探すことができます。

雑感



写真素材のほうは今回紹介した二つのサイトで十分だと思います。
イラストサイトはほかにも探してみようと思います。
ひとつで十分な気もしますが。

こういうサイトがあるとありがたいですよね。
自分で画像を作るとなるとかなり大変ですからね。
専用のソフトとかも買わないといけませんし……。
そういうのもweb上でできたりするんでしょうか。

簡単に画像を作る方法



ということでwebで簡単に画像を作る方法も探してみました。
こちらの記事で解説してあるサイトが便利そうです。

アイキャッチ画像の作り方。Photoshopとかじゃなくて他に簡単な方法はないですか?

canvaというサイトについてわかりやすく解説してある記事です。
海外のサイトなので、こうして説明を日本語でしていただけるとありがたいですね。

このサイト、かなりいろいろなことができます。
ブログ用の画像を作るには十分すぎるくらいの機能があります。
ウェブサイト上だけで画像を作成できるのもいいですよね。
自分で画像を作ってみたくなったときにはこちらを利用しようと思います。

イラスト素材をダウンロードするときの注意点



配布されているイラスト素材をダウンロードしたときに、イラストの背景が黒くなってしまうことがあります。
これは透過pngのファイルに対応していないプログラムでダウンロードしたときになるようです。
まあ、透過pngに対応しているフリーソフトを使ってダウンロードすればいいことなのですが、とりあえずはjpgファイルで配布しているイラストサイトを探してみています。
jpgなら黒くはならないようですよ。

うえで紹介したサイトは、イラストの背景が黒くならないサイトです。
これはなかなか見つからないんですね。
素材が足りなくなるようなら、pngに対応したソフトを使おうと思います。

↑このページのトップヘ