雑記blogパラダイス

ただの日記です。 特にテーマもなく書いていきます。 スロット、ブログカスタマイズについての記事が多めです。

[画像:44b0cb2f-s.jpg]

面白かった


シェイク3をときどき打っています。
Aタイプじゃなくて、ARTのほうです。
これが面白いんですよね。
わりと1000ゲームを超えてきますが、楽しいです。

楽しいポイント


音がいい感じ


これはまあシェイクですからね。
ノリノリで打てます。

わりと回る


当たりはまあまあ重いんですが、わりと回るんですよね。
結構ハマっても、意外とメダルを消費していないです。
まとまった枚数を出すのは大変ですが、遊ぶにはちょうどいいです。

そこそこ出る


ピークタイムに1回入れば、そこそこ出るようになります。
駆け抜けだとキツイですが……。

ボーナスは意外と長い


これもピークタイムに1回入りさえすればの話ですね。
ボーナス中はピークタイムに夢中になっている間に、結構な回転数を回しています。
長く回せるので、チェリーやらスイカやらも結構引けます。

救済措置がある


ショボい当たりだと、救済措置が発動することがあるんですよね。
ボーナス終了後に即高確率に移行して当たります。
駆け抜けだとわりとあります。

チャンスベルさえ引けばいい


どの場面でもチャンスベルさえ引けば、何かしら期待はできます。
そしてチャンスベルはそこまで重いわけではないんですよね。
強MBなら2連することもありますから。

高確率に移行すればチャンスはある


通常MBからのチャンスベル1回でも、高確率に移行すれば当たることはあるんですよね。
特定の状態まで上げてものすごく強い役を引かなければノーチャンスというわけではないんです。
打ってるとわかるんですけどこれは楽ですよ。

シングル揃いでも何とかなる


はい、なんとかなります。
ボーナス中はとにかくピークタイムを1回引きさえすればいいです。

誤解しやすいポイント


ゾーンじゃない


この台はゾーンの機種じゃないんですよね。
スペースステージはありますが、ゾーンとかではないです。
チャンスベルでボーナス抽選です。

高確率じゃない


高確率はただの演出です。
書き換えはあり得ますが、高確率中は別に何も引かなくても当たるときは当たります。

チェリーよりチャンスベルのほうが偉い


これに気づかないとイライラすることになります。
チェリーで演出にいかなくても、ピークタイムにいかなくても、VJ高確率中にストックしてくれなくても、仕方ないんです。
チェリーは弱いですから。

VJ高確率ではストックは貯まらない


VJ高確率はストックを貯めるゾーンではないです。
赤VJは別ですが。
ひとつストックが貰えたら運がいい方です。

継続率はピークタイムのこと


継続率が50%とか、92%とか見かけたことがあるかもしれませんが、これはボーナスの1G連の継続率ではないです。
40Gの間にピークタイムに入る率のことです。

ライブはオマケ


これが特に紛らわしいと思うんですが、スペシャルトラックは1G連、VJ高確率をストックすることがあるよというだけで別に特化ゾーンではないです。
エクストラライブでも大して変わらないです。
1個何かをストックできれば大成功です。
この台の特化ゾーンは赤VJ高確率だけです。

ダブル揃いでもピークタイム確定ではない


1回は入る気がしますが、たぶん確定ではないです。
気を抜いているとすぐに終わります。
ダブルはピークタイムに入りやすいというだけです。

良くないポイント


チェリーで煽る


チェリー引いても、特に何も期待するものはないわけですから、煽らなくていいですよね。
即発展かスルーでいいです。

スペシャルトラックとエクストラライブという名前


これ、名前と機種紹介の冊子が良くないと思うんですよね。
このふたつは完全にオマケなんです。
ピークタイム続けていれば勝手に出てきますし、入っても基本何も起きないわけですから。
ライブパートとか、エンディングパートとかそんな名前でいいですよね。

強MBが意外と弱い


強MBって確率のわりにチャンスベル確定じゃないんですよね。
稀に普通のベルだけで終わっているっぽいです。
まあチャンスベル確率は明らかに上がっていますし、引けなかったのが悪いんですが……。

実際に打った感触


というわけで、この台は結構回るんですよね。
そしてゾーンとかはないので、毎ゲーム期待はできます。

ダラダラと回して、まずはMBを引くことを願います。
そしてMB中にチャンスベルを引くことを願うと。
チャンスベルを引いたら高確率への移行を願って、そこで当たることを祈るという感じです。

こう書くと当たりまで遠いように感じるかもしれませんが、まあ実際遠いです。
ただ、最初のチャンスのMBはそこそこ出るんです。
出ないときは100ゲームくらい余裕で出ないですが……。
まあMBを引けば期待はできるので、何も起きずにただ回すだけということはあまりないです。

回している間にチェリーやらスイカやらも引けますし。
まあこれは引いたところで……なんですけど。
VJ高確率にいってもボーナス当たらないことが多いですからね。

ただ青VJ高確率やエクストラライブが弱い分、ピークタイムの連チャンが強いんですよね。
普通のシングルからでも連チャンはしますし、1G連までたどり着くのも全然無理ゲーではないです。
1G連3、4回目くらいからキツくなってきますけどね。

とにかく最初のハードルまでが簡単な台なので、無理ゲーだと絶望することなく遊べます。
ストックが複数あれば無茶苦茶出るんじゃないかとか、エクストラライブでVJ当てて、ストックを貯めて1G連をしてエクストラライブまでピークタイムを連チャンさせて……というループで無限に出るんじゃないかとか考えたりもしますが、そううまくはいかないです。
ストックがあると、何故かすぐ終わります。
エクストラライブも弱いですからね。

[画像:24d24339-s.jpg]

勝てない台


5スロでモンハン狂竜戦線を見かけたのでときどき打っています。
勝てないですよね、これ。
システムは玉割りゲームです。
ART中に玉を貯めて、どんどん玉を割って、運良く割れなければ継続と、よくあるやつです。
玉が本当にすぐ割れるので、どうにもならないと思っていたんですが、5スロで打つうちに勝ち方がわかってきたので書いてみました。

基本的なところ


ボーナス+ARTの台なんですけど、ボーナス引かないと差枚が伸びないというわけでもないです。
ARTの純増はまあまあで、ボーナスの枚数もまあまあという台です。
ARTは通常時にも抽選があるということになってますけど、実質ないです。
通常時は無意味です。
ボーナスを引いて、ボーナス中のレア子役でARTを当てる台です。
スルー回数天井とか、粘ったところで取り返せないので、100ゲームくらい試しに回してボーナス引けなかったらやめる台です。

ARTの伸ばし方


いろんな薄い抽選がありますが、初期の20ゲームでは引けません。
結局、7セット目の、狂竜戦線まで持っていけるかどうかが鍵ですね。
狂竜戦線に持っていくのがスタートラインです。
7セット目以外で行けることもありますが、稀です。

この狂竜戦線をループさせるのが、メインの伸ばし方ですね。
狂竜戦線後の討伐パートで、最初の玉で勝てば、たぶん確定でループなので、可能性はゼロではないです。
稀にループします。
狂竜戦線時の剥ぎ取りは、押し順レア子役が出る可能性があるので、ここで剥ぎ取りを継続させます。
そしてまた玉を貯めて討伐パート1個目の玉で倒してループすると。
これができれば伸びます。

そんなに都合よく行くわけないじゃないかと思うかもしれませんが、その通りです。
ほぼ7セット目まで行けないし、ほぼループさせられないです。
ループしたところで、レア子役を大量に引かないと、結局玉は貯まらないです。
無理ゲーだと思うかもしれませんが、そうです。
無理ゲーです。

薄い抽選


一応、強子役などで、玉を複数貯めることがあります。
色付きが複数貰えたりもしますので、ここで赤以上の玉をたくさん貰えれば、多少続くチャンスはあります。

討伐パートに希少種が出てきたりして、剥ぎ取りG(虹)を貰えることがあります。
これはそこそこ強いです。
ただまあ、希少種なんかは基本出てこないです。
キリン倒してもちょっとゲーム数が多いだけだったりしますし。

それから、ART終了後に1ゲーム目でレア役を引けば、ART復帰らしいです。
これ、バイオのときから一度も成功したことがないんですが……。
この台の場合は復帰したところでどうにもならないというのもあります。

討伐パートの勝ち方


討伐パートもいろんな抽選をしてるらしいですが、結局玉をたくさん用意しないと始まらないですよね。
白い玉の勝率ってどれくらいなんでしょうね。
2ケタは絶対ないです。
赤い玉でも負けますし、紅葉柄と「祝」の玉以外に期待してはダメです。

ここでボーナスを引くと勝てます。
ボーナスが一番役に立つところですね。
討伐パートでボーナスを引ける日は、そこそこ伸ばせます。

狂竜戦線のループなどを絡めて玉を貯め込んでも、15個くらいならすぐになくなります。
15連で割られることも普通にあります。
20個以上貯めていれば、たぶん一回は継続させられるかな、というくらいの気持ちで挑んだほうがいいです。

体感で言うと、一回の討伐で4個はだいたい割られるので、毎回4個以上はストックしないと続かないですね。
白い玉は2つで1個くらいの価値でしょうか。

まとめ


まとめると、無理な台です。
運良く玉を貯め込める率が低いですし、貯め込んだところで割られます。
ただ、ボーナスは軽めなので、深追いせずにちょこっと運だめしで遊んでみるにはいい台だと思います。
ARTの完全告知とか、賑やかで楽しいですし。
設定6の場合は話が違うんでしょうね。
ボーナス確率も違いますし。
ARTは滅多に伸びませんが、ART終了後すぐに運良くボーナスを引いて、運良くARTに入るというのを繰り返しても、勝てます。
これが……一番現実的なんですよね……。

[画像:a044cd74-s.jpg]

最近打ってみました


5円スロットでマジカルハロウィン5を見かけたので打ってみました。
これ、全然勝てないんですよね。
マジハロシリーズは、全然勝てない台が多いですが、この台も勝てないです。
まあでも4よりはマシかな……。
ストレートでむちゃくちゃ負けることはあまりない感じです。
勝ち方は見えてきたので、ちょっとまとめてみました。

勝てないパターン


まず勝てないパターンを考えてみます。
これやったら勝てないです。

  • 400~776ゲームでボーナスを引く
  • バケを連続で引き続ける
  • 自力で6択を当てられない

まあ自分でどうにかできる要素ではないですが……。

ボーナスのタイミング


まずボーナスなんですが、引かないなら引かないでハマったほうがいいです。
天井が777で浅いですからね。
ボーナス確率はそこそこありますが、1日打ったら一回は天井にいきそうな回転数ではあります。
777直前でボーナス引くのが一番最悪です。
宇宙バケでおなじみのマジハロシリーズなので、777直前のボーナスがやけに多いのかと思いきや、そんなことはないです。
ただ、500とか600くらいのボーナスはまあまあありますね。

バケを連続で引き続ける


バケではコインは増えないんですよね。
結界防衛ゾーンのチャンスが高くなるのでバケ連続でもいいじゃないかと思うかもしれませんが、結界防衛ゾーンの恩恵って別にたいしたことないです。
バケを連続で引いている間に取り返しのつかない負けになります。

自力で6択を当てられない


これがかなり重要なんですよね。
この台のARTのメインの突入ルートは自力での6択正解です。
設定6なら違うのかもしれませんが、まあ普通は自力がメインです。
二分の一くらいで当てられると負けにくくなります。
そんなの無理だろと思うかもしれませんが、意外といけるときはいけます。
あまりにも偏るので、高設定は不問突入リプレイとかあるんじゃないかと疑っています。

上位ARTや大量ストックに期待しない


この台にはいろいろな大量ストックの機会があります。
まずミッション系。
これはやってたら、すぐにわかりますけど、無理ですよね。
普通にクリアするだけでも無理ですし、SPクリアなんて……。
もちろん、稀にクリアして大量ストックすることもありますが、本当にまれです。
ないものと考えていいです。

あとはART中にバケを連打したときの箱の思い出。
これはそこそこストックできますし、ときどき発生します。
ループ中だと出やすいですからね。
ただ大量ストックするためには、キンカボ→キンカボ中バケ→さらに直後のセット(ループ中)にバケを続けて引く、という流れが必要で、まあまあ厳しいです。

それから上位ART。
これは全然ループしないです。
頑張って悪キンカボまでいっても単発はざらにあります。
スーカボはさすがにそこそこ続きますが……。
どちらにしろARTが続いたところでメダルは増えないという問題もあるんですよね……。
上位ARTだけで一発逆転という流れはないです。

負け方を振り返って


まとめてみてわかりやすくなりました。
ここまでの内容の逆をやったら勝てます。
つまり、400~776のボーナスを引かず、ビッグを中心に引いて、自力で6択を当てる。
こういうことですね。
実質勝っているのはこういうパターンのときが多いです。
悪キンカボなどでどれだけ頑張ってストックを増やしても、ビッグを引けないと本当にメダルは増えませんからね。
ARTが続かなくても、2、3連してはやめにビッグを中心に引いてればメダルは増えます。
そういう台です。

まとめると


ビッグでメダルを増やす台だと分かると、いらいらせずに済みます。
ART関連でいろんなものに期待してしまうと、もう腹が立つことばかりです。
通常時に戻ってもビッグを引きさえすればいいんです。
どうせ純増は低いので、ARTが終わってもガッカリすることはないです。
比較的ARTが続きやすい偽物語だと考えると……悪くないですよね。
実質悪くない台だと思います。
6択を当てさえすれば……。

↑このページのトップヘ